オーストリアスキー教室について

オーストリアスキー教室ってこんなとこ~実録 教室の3日間~

パンフレット

2019シーズン
郵送ご希望の方は
こちらへ

バックナンバー

システムについて

お申込をなさる方へ

オーストリアスキー教室は、
ホームページのお問い合わせフォーム
FAX(03-3230-2603)
電話(03-3230-2602)
でお申込みいただけます。

午後6時以降に到着のメールやFAXは翌日の受付となります。
金曜日の午後6時以降のお申込みは、翌週月曜日の受付になります。
12月29日に到着したメールやファックスは
1月5日の受付になります。

お申込みになる前に

オーストリアスキー教室は宿泊制のスキー教室です

  1. 教室は現地集合、現地解散です。
    交通はお客様ご自身でご手配ください
  2. 講習開始時間は雪上でのレッスン開始時間です。
    講習前に受付をお済ませください。
  3. 講習料には、講習料と宿泊料(1泊につき夕、朝食つき)が含まれます。
    また、蔵王教室にはコース日数分のリフト券が含まれます。消費税は別途お支払いください。
  4. お部屋は、男女別の相部屋になります。
    オプションで個室の手配もできます。ご相談ください。
    お部屋内は禁煙になります。ご協力をお願いいたします。
  5. コース途中からの参加や早帰りも可能です。
    どうしても日程があわない方はお気軽にご相談ください。
  6. お客様のご都合によるお取消しは、入金の有無に関わらず当校で定める規定の取消料がかかります。
    (お取消し、ご変更の欄をご参照ください。)
  7. 天候、雪の状況により、やむなく中止をさせていただく場合がございます。
    また、それにより発生した損害につきましては、原則として一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

お申込み方法

  1. 参加を希望されるコースの申込み状況をご確認ください。
  2. お申込み時に、教室、会期、氏名、住所、電話番号、生年月日、スキーレベル  をおしらせください。
  3. グループでお申込みの場合は、ご同行者の氏名、生年月日、スキーレベル   もおしらせください。
  4. 予約確認書または申込み完了メールがお手元に届きましたら、お申込みの教室、会期をご確認のうえ、
    申込金¥20,000(1会期・1名あたり)または受講料全額(含消費税)をご送金ください。
    (消費税につきましては1円単位を切り捨ててください)
    グループでお申込みの場合は、人数分をまとめて代表者のお名前でご送金ください。
  5. 受講料もしくは申込金は、お申込み後10日以内にお支払いください。

 

お支払い方法

自動振込または銀行備え付けの振り込み用紙でお支払いください。

銀行・支店名
三井住友銀行 新宿通支店
口座番号
普通 5063109
受取人名:
ナイスク

同封の用紙または郵便局備え付けの支払書でお支払いください。

口座番号:
00160-2-124565
加入者名:
ナイスク

 ナイスク事務局へ郵送してください。 おり返し予約確認書をお送りします。
[郵送先]
 〒102-0075 東京都千代田区三番町1-5 B1 ナイスク事務局

※送金手数料は、お客様のご負担となりますのでご了承ください。
 お支払い後は、「送金の控え」または「予約確認書」を大切に保管して、現地教室にお持ちください。
お取り消しやご変更時の払い戻し手続きの際にも必要となります。

現地教室で

講習開始前に「送金の控え」「予約確認書」をご提出の上、受付をお済ませください。
※お申込金のみご送金いただいている方は、受講料の残額と消費税をお支払いください。

お取り消し・ご変更

会期の変更

1.講習開始の3日前までは変更料はかかりません。
講習 開始日の2日前から、取消料に準じた変更料がかかります。

2.変更先が未定の場合は、会期が決まるまで保留扱いとさせていただきます。
保留後のお取消しは、取消し規定に準じます。

3.名義の変更も可能ですが、宿の空き状況によってはお受けできないこともあります。ご相談ください。

お取り消し

1.お申込み後、お客さまのご都合で取消される場合は、下記に定める取消料を差引き、 払い戻しいたします。
その際、「送金の控え」「予約確認書」をナイスク事務局へお送りいただく場合があります。
尚、お取消・ご変更による返金手続きは、2019年5月末日までとさせていただきます。

日数 返金にかかる実費
20~8日前 3,000円
7~2日前 5,000円
前日 7,000円
当日 申込金全額

2.ポール大会参加期のお取消・ご変更は、上記規定に関わりなくエントリー代をお支払いいただきます。

オーストリアスキー教室の歴史

1959年 ■NHK、朝日新聞社の後援により「オーストリアスキー教室」を開く
■故岩動洋二理事長が、オーストリア国立スキー学校より、フランツ・デルブル氏を招へい
1963年 ■名誉会長をオーストリア大使、会長を茅誠司氏に「日墺国際スキー協会」を設立
1965年 ■オーストリアで「海外教室」開催
1971年 ■テニスキャンプの草分け「山麓テニス教室」を始める
1975年 ■「山麓テニス教室」を「ナイスクテニス教室」に改称
1977年 ■スポーツメーカーの販売促進・企画運営を業務とする「E-PRODUCT」開設
1978年 ■創立15周年記念事業「海外遠征」で200名がヨーロッパスキーツアーに参加
■岩動理事長死去のため改組、「株式会社ナイスク」設立。代表取締役に松尾喬が就任
1981年 ■協和醗酵(株)と提携「サントネージュ・テニス教室」を始める
■メンバー制スポーツマルチクラブ「スポーツクラブ・ナイスク」を始める
1983年 ■メンバー制スキーサークル「オーストリア・スキークルー」を始める
1985年 ■単行本「並才強化フツーのスキー(松尾喬著)」発行。出版活動本格化
1986年 ■スキー、テニス教室におけるメンバーシステム「クラブ・ナイスク」を始める
1988年 ■オーストラリアのスレドボスキースクールと教師交換を始める
■スキー雑誌「ブラボースキー」にスキー技術連載開始。雑誌原稿制作活動本格化
1989年 ■スキービデオ「パワースキー入門全4巻」制作。ビデオ制作本格化
1991年 ■テレビ番組「WOWOWスキーレッスン」制作、以降ロケ地をかえて毎年制作
■事業部制に組織改変
1994年 ■日墺国際スキー協会創立35周年記念事業「カナダツアー」に生徒100名、教師50名が参加
1996年 ■(株)ジャパーナとスクール用具使用契約を結ぶ
1997年 ■ホームページ開設
2000年 ■創立40周年。記念の海外遠征は総勢120名でフランスのティーニュへ
2004年 ■創立45周年。「海外遠征~イタリア・チェルビニア~」に35名が参加。教師合宿同時開催
■メールマガジン配信開始
■「スキー上達BOOK」制作。ベストセラーになる
2006年 ■ホームページが100万ビュー突破
2007年 ■「2010年、カナダ五輪の下見をしよう遠征」に総勢60名参加。教師合宿同時開催
2009年 ■創立50周年。志賀感謝祭に100名を超える参加者
2010年 ■ルディ・ラッパーの後継者、ヨハン・グシュトライン初来日
■湯の丸教室、休校決定。オーストリアスキー教室は蔵王、山形赤倉、シーサイドバレーの3校体制に
2014年 ■創立55周年